原油のマーケット情報

投資とは、安く買って高く売る、これしかないといっても過言ではないでしょう。

この投資がうまくツボにはまり、自分の思うとおりチャートがいくと、実に気持ちがいい。
何もしていなくても、チャートのとおりに売り買いをしているだけで利益が。

そんな状態なのが、少し前の原油の先物市場です。

原油高の最高値を連日更新している状態が長期にわたって続いていたマネーゲーム

資金が原油に流入したと同時にスタートしたマネーゲーム

乗り遅れてはいけないと、次から次へと原油市場に参戦し、いつの間にか大人数で、原油価格を押し上げるという状態です。

しかし、マネーゲームもいつかはゲームオーバーするときがやってくるはずです。

そんな時に、取り残されないよう、マネーゲーム参加者は今のうちに稼いでおいてください。

そして、原油の次のマネーゲーム、今度はなんだと思います?


genyu at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
原油価格の動向に大きく影響を与えるのは、日本だけではなく、世界中にその影響は波及します。

原油価格が大幅に下落した場合の原因として、中東における治安維持、需要の縮小、景気の減速、マネーゲームの収縮などが考えられます。

しか近年に見る原油の下落というのはそう多くはなく、かえって上げる場合の方が多く、2007年からは急騰といっても過言ではない状態が続いています。

原油価格急騰の影響はとても多く、燃料代の急騰から物価高やマイカーの自粛から観光業界の低迷や企業においてもコスト高などの影響があります。

直に影響を受けるのは一般市民というのは、冬の暖房代など、生活を圧迫します。

しかし、投機目的で原油先物取引をしていれば、この急騰は嬉しい影響ということになります。

ただし、ポジションを放すタイミングの見計らいを誤ると大変なことになります。


genyu at 06:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
原油の先物取引市場は、世界に4つありますが、なんといっても力があるのはアメリカのニューヨーク商業取引所(NYMEX)です。

アメリカ原油はテキサス州産原油(WTI)を標準としていますが、この標準値が世界の原油の指標にもなっているのが現状です。

このアメリカの取引所での原油先物市場に参加人数が多く、活発な取引が行われていることや、投機目的としての原油の存在が、大きいようです。

多額の資金を投入することが出来る投機筋が原油市場に多く乗り込んできたなら、原油価格の動向はすぐに広がります。

そんな状態がアメリカ原油市場で行われているため、現在の原油高値にしても、完全にマネーゲームの結果ともいえます。

原油消費量としてのアメリカが世界一となっています。

これからもアメリカの景気次第で原油価格の動向があるというのも確かでしょう。



genyu at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
原油価格の動向原油備蓄の動向は、これから生活していく上でとても気になります。

原油価格の動向は、即生活に影響のあることで、原油高騰のあおりを受け、様々なものが一気に値上がりしている現状となっています。

一部の投資家や原油価格高騰で儲かるという方もいるのは確かですが、大部分の一般人にとっては、ありがたくない原油価格の動向となっています。

又、原油備蓄の方ですが、限りある資源であることは違いないので、いずれはなくなります。

原油に代わる代替エネルギーの開発やバイオエタノールなどがありますが、これらの原料の値上げとともに、原油も値上げしているという動向が続いています。

原油動向は見守るしか手立てはありませんが、投資で考えるなら、そろそろ慎重な動向と見たほうがよさそうです。


genyu at 04:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!