原油が上昇する理由

又、ニュースで、原油高騰の記事が報道されています。

テレビの映像は、ガソリンスタンドにてガソリン値上がり、というような画像が2008年に入りとても多くなりました。

原油値上がりが原因ですが、食料品店では、様々な加工物の値上がりが目立つますが、これらも原油値上がりの影響です。

原油値上がりには様々な要因が重なり合っていますが、投機目的としての値上がりが一番大きいかもしれません。

原油価格に一番影響があるNYの原油取引市場では、3割が原油市場で投機目的の投資といわれています。

世界的にも原油にまつわる憶測が飛び交う中、まだ値上がりをするだろうという思惑での原油価格の高騰という部分も大きいです。

この先の原油値上がりの状態ですが、投機筋が諦めるか、世界的に大きな有事がおきないか、産油国が快く原油を輸出してくれるか、いかに?


genyu at 06:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
2008年に入っても原油価格は高騰で推移しています。

過去の更新ペースよりも早くに原油価格高値の更新が推移されている昨今ですが、NY商業取引所(NYMEX)における市場参加者のなかで金融機関や個人投資家などの投機目的の思惑が、高騰の推移を推し進めています。

原油国である中東不安や原油在庫に不安が生じるなどの要因もありますが、まだ又上がるとの投機筋の観測が、複雑に絡み合い、また、米国での災害や戦争などの原油需要の拡大から、原油価格推移は高くなっているのは仕方のないこととの見方もあります。

日本においても原油は生活に密着するものですが、原油価格推移は家計にも大きく響きます。

ガソリン灯油の値上げ、工場でのコスト高の影響を受け、2008年に入り、物価上昇の原因の一つにも原油価格の高い推移が挙げられます。

この原油価格推移ですが、見通しのきかないで状態で、いつまで続くか見当もつきません。



genyu at 06:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
原油値上げの要因として、需要の拡大があげられます。

新興国の経済発展に伴う原油の利用が特に目立ちますが、中国やインドの成長とともに、原油値上げがうなぎのぼりとなっています。

そのほかに、災害時における原油不足の懸念から原油値上げや長引く戦争による原油値上げなど、一つといえない原油値上げの要因がたくさんあります。

そして、投機対象として原油の存在。

投機目的ですと、急騰、急落は大歓迎ということになりますから、投資の参加者が増加するほど、チャートの波は急になり、今は値上げに走っているという状態です。

又、原油は一般生活にも大きな影響を与えています。

日本国内においても、燃料や包装材の値上げなど、いろいろな場面での原油値上げの実感しています。


genyu at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
原油先物取引の舞台の三大石油市場というと、NYMEX、IPE、TOCOMの取引所です。

その中でNYのMEX(マーカンタイル取引所)は世界の原油価格の指標と呼ばれています。

ですから、日本での舞台TOCOM(東京工業品取引所)の動向もさることながら、東京時間が終わったあとの原油取引に注目することです。

ここのところ原油高騰が叫ばれていますが、原因は様々あるものの、投機的な盛り上がりもあげられています。

原油取引で一儲けと考えている方も企業も取引の参加していることから、上がりっぱなしの原油価格は、今のところ需要拡大による原油不足も予測され、ますます高騰の一途を辿っています。

原油取引で投資ということで、高騰しているのなら、売りで勝負と株取引のようにいきたいところですが、世界情勢からいっても、なかなか不透明な感じがします。

ですから、慎重に原油取引の時期を見計らい、投資のチャンスをモノにしてください。



genyu at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
原油高騰の原因に、原油投機対象になっていることがあります。

もちろんそればかりではなく、世界的な原油需要が多くなっていること、特に中国やインドなどの新興国による原油の需要も大きいことは確かです。

地球温暖化防止の為にバイオエタノールなどの生産も始まっている今、とうもろこしなどのバイオエタノール原料の値上げとともに、原油の値上げも便乗しているのが現状です。

いずれにしても、投機としての原油と考えれば、これだけ原油高になれば、投機のしがいもあります。

でも、それも結果論で原油投機した場合、今は結果としてはいいだけで、いつまでも原油高というわけではありません。

また、原油取引においては、買いと売りがあり、売りの取引をしていた場合は、最悪のパターンといえます。

原油投機と考えた場合、買いと売りどちらかの見極めが一番難しいといえます。



genyu at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!