オプションとは、将来のあるときに決まった価格で原油を売買する権利のことを言います。

決まった価格で買う権利のことをコール・オプション、売る権利のことをプット・オプションと言います。

原油のオプション価格は、下落すると思っている人が多ければ、すでにその時、相場は下落し、上昇すると思う人が増えれば相場は上昇します。

オプション相場の上下への思惑が均衡するところに相場は決まってきます。

オプション価格から読み取れる情報を用いても、将来の価格が予測できたりするものではない。

オプション市場に織り込まれている原油価格の変動を大きくさせる要因には、様々な事柄が考えられます。

最近では、原油相場の変動要因としてドル相場が重視されてきて、ドル相場と原油相場の変動にある程度の相似性がみてとれます。

為替の変動を意識して、原油相場が動いていると言ってもよいでしょう。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔