原油先物取引とは、半年や1年後といった将来の一定時期に原油を受渡しすることを約束して、その時の先物価格を現時点で決める取引のことをいいます。

原油の場合、日本の他に3つの取引所がありますが、NYのマーカイン取引所の先物価格が世界の原油価格の指標となっています。

先物市場は現物の取引ではないですから、あくまでも先物価格です。

取引価格よりも5〜10%程度で取引ができることや投資の仕方としては単純な取引なことから、先物取引参加者は多くなっています。

普通の株取引とは違い、投機目的の場合が多いため、先物価格の変動が大きいですが、ここのところの原油先物価格に関しては、ひたすら上がっているという状態が続いていました。

しかし、あがり過ぎた原油先物価格はやっと落ち着いてきたのは、日本が暑くなってからでした。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔